記紀神話

出典: Uyopedia

俗にいう日本神話のこと。まず神話ならびに日本神話の項をみよ。

目次

概要

古事記の上巻と日本書紀の第一巻・第二巻の内容をさす。現代ではそれ以外(つまり神武天皇以降)の記述をも神話に含めるのが普通であるが、ウヨペディアにおいてはそのような見解は採らない。記紀以外の古典の内容をも含める場合があるが例外的である(「神典」のl項を参照せよ)。
(以下かきかけ中)神世からのミコト、、、集成された倫理的で史実的な伝説、、、普遍的な真実の史実的な降臨の統制的な説話、、、。説明性(由来、未来)論理性(例:神/命/ムスビ。同定。)倫理性(例:善悪の規定)

神々

(書きかけ中)天津神(天神)国津神(地祇)神々の分類、太陽神、造化神・・・等、信仰*日本の神の一覧(→死と再生の神) *日本神話の記事太陽黒点*伊邪那岐命伊邪那美命加具土神天照大神月読命須佐之男命三貴子大国主神少名毘古那神事代主命建御名方命迩々芸命児花佐久夜比売命海幸彦山幸彦海神鵜萱葺不合命

語彙(古語)

(書きかけ中)修理固成高天原豊葦原滄海原安河原別天つ神神世七代国生み島生み大八洲神生み物生み根国底国葦原中国黄泉国ケガレ気枯禍事天津罪国津罪

その他

  • 現代語の用語、生成発展、、等
  • 物体・所作
ものや、祭礼やら。

神話章篇

記紀神話の全体構造、章立ての編成は「神話章篇」を参照。
(書きかけ中)**天地開闢**国生み**神生み**誓約**天之岩戸隠れ天之岩戸出雲国八俣大蛇**八岐大蛇退治**日本神話における食物起源神話島根県**因幡の白兎**大国主の神話**大国主神の国造り**国引き神話安来市**葦原中国平定出雲大社**天孫降臨日向国**山幸海幸幸換え

歴史章篇

の中で神話編を除いた部分を、「神話章篇」に対して「歴史章篇」と仮名する。その全体構造、章立ての編成についての議論は「歴史章篇」の項を参照せよ。

神武天皇以降は、本来は純然たる歴史として扱われるべきであるが、現在の歴史学では、神話と歴史の境目が学者が自らの古代史像や私説によって恣意的に認定されるため、神武天皇以降に属する諸々の伝承も、神話の範疇として論じられることが多い。
(書きかけ中)神武東征八咫烏**手研耳皇子の反逆**闕史八代蝦夷隼人粛慎任那新羅百済高麗アイヌ琉球多禰吐加羅佐伯国栖土蜘蛛*アレキサンダー大王

諸相展開

前近代の受容史

諸説の対象の区分。諸説の総括的な紹介。時期の区分(中世、近世、現代、など)。種類の区分(神道家、神宮系、国学系、歴史家、デンパ系、色々)。時代の項目下に、人物別に、説明。(以下、すべて書きかけ中)

古代

皇朝ヤマト王権ヤマト朝廷天智天皇天武天皇持統天皇藤原氏日本天皇朝廷*神道

中世

太平記」、本地垂迹*中世日本紀

近世

本居宣長古事記伝キリシタン新興宗教国学

近代の受容史

近現代の議論の諸種、列記して、別項目で詳細説明

明治以降

明治大政奉還戊辰戦争

戦前期

津田左右吉太平洋戦争大東亜戦争プロパガンダ靈的國防国文学、(皇国史観

戦後1970年代まで

神話学民俗学考古学

1980年代

1990年代以降

出雲井晶、三浦佑之、宮崎みどり・小林晴明

内部リンク



sl
דומיין בעברית  דומיין  דומין  תוכנה לניהול  קשרי לקוחות  CRM, ניהול קשרי לקוחות  דומין בעברית  פורומים  ספרדית  גיבוי