科学

出典: Uyopedia

目次

概説

科学とは、ものの性格を厳密に調べ知る精神文化。(時には、科学的方法、科学的データの短称。)

科学の限界と領分

科学は「もの」の性格を知って、その活動や変化を予測する。そこで重要な性質とは、「気紛れな意図性」と「決まった機械性」、いわゆる偶然性と必然性。近現代以降の科学は、前者を最小限に抑え、後者を最大限に高めるだけの、自信と手続きを有す。ただし、前者を認めれば認めるほど、現実との関係は感情的・気分的であるとは必ずしもいえない。それは個人の器量、先天的な性格や、精神の若々しさ、あるいは逆に老練な熟練度などによる。また、後者を認めれば認めるほど現実との関係は機械的で運命論的だ、ということはできる。

現実の一部である人間が、偶然性を内含する限り、現実の完全必然化は、不能。といえども、敢えて、全てを、法則付ける事は、論理の側が大雑把であればあるほど可能である。当然ながら、全てを、完全に予測し尽せると、保証はできない。科学は、未来に関して、「こうなるであろう」「こうなるはずだ」と飽くまでも予測するものであり、「絶対こうなる」と保証はできない。過去や現在の自明が、次の瞬間も正当だ、と何も保証できない。

各時代が、各時代なりの観察に基づいて、認識を培い、その認識に基づいて判断する。この項目では、歴史を通じた、科学と言う精神文化の推移を、概括する。

科学と科学主義の差異

科学宗教ではないので最初から定まった教義はない。どんな通説定説も、いつかは否定され、新説に取って代わられる可能性を内在させている。従って、ある特定の物理的な事象に対しては永遠に絶対的な命題を立てることは不可能であるから、ある特定の物理的な事象に対して教条的な決め付けや前提を押し付けることは「科学的でない」。ある通説や定説を比喩的に絶対視できるのは、短いスパンと狭い視野でのことだが、それをついうっかり忘れてしまい、長いスパンと広い視野に議論が拡大した段階でも特定の通説に無条件に依拠して議論を進めてしまい、なおかつ、大雑把にまだこれでだいじょうぶ、大枠からはずれてないはずと驕り油断した態度に陥る。多くの現代人は、まずほとんど誰でもいすべてといっていいほど、科学主義に陥っているが、それを指摘しても納得せず頑強に拒否する者ばかりである。

近代科学と非近代科学

古代科学中世科学などは存在せず、科学とはすべからく近代科学である」という主張はさすがに最近は少なくなったが、現在でも偏狭な唯物論者にはまれにみられる意見である。むろんuyopediaにおいてはそのような意見に賛同はしない。ところで近代などといってもそれは時代の表示であって、古代科学中世科学と異なる独特の内容を説明した名称ではない。そこで近代科学の本質や特徴をうまく表した名称として阿基米得は「巨大科学」と名づけた。技術的限界のため現代の科学は、莫大な資金と巨大な機械設備とによらねばならず、そのため資金提供元たる国家政府産業社会と直接あるいは間接に(大学組織などを通じて)深く結びついており、民間在野の一個人では、研究・開発の第一線に参画することはできないようになっているのが大きな特徴である。

内部リンク

※関係項目執筆予定リスト

精霊予兆魔術占い占星学占星術)、天文学、解剖学、人間学、錬金学

日本神話国文学神話学天皇朝廷皇国史観民俗学考古学国学*神道



sl
דומיין בעברית  דומיין  דומין  תוכנה לניהול  קשרי לקוחות  CRM, ניהול קשרי לקוחות  דומין בעברית  פורומים  ספרדית  גיבוי