神話

出典: Uyopedia

神話とは、世界の由来や実態や秩序に関して、直観され表現された伝承記録の集成である。要するに、神話とは、世界説明である。一般的に、「原初」に於いて成立した神話が「神話」であり、「現代」に於いて成立した神話が(世界観学的な)「科学」である。

目次

原初の神話

神話は、人類の祖先から歴史的な経緯を経て(つまり直接的な啓示ではなく)現在の人類に伝えられた古伝承であり、最古の認識・最古の言語表現の、現代語訳(もしくは現代人にとって古代言語であっても失われた太古の言語からみてはるか後世の言語への訳)である。
したがってそれは諸文化の溯源・原形であり、文芸詩歌・論理論説・魔術表現・精神的治癒・通信・記録・科学的分析などに分節化する以前の、ただ「ことば」としか言いようのない唯一の表現方法によって語られた、我々をとりまくこの世界への理解と認識の表明である。
このことから以下の2つのことがいえる。

  • 1)普遍性・反固有性
そのような太古とは、すでに「民族」が形成されたような新しい段階より、はるか以前であるゆえに、神話の存在そのものが「根源人種」の所産であるという他ない。世界各地各民族神話が、不可解なほどの、また安易な説明を拒絶するほどの、著しい類似相似・共通性をもつ所以である。神話は特定民族の固有性・土着性の証明ではありえず、まったく逆に、人類の普遍性の証明である。
  • 2)科学との相互代替性・自然哲学との互換性
神話が、世界を説明したものである以上、現在の文明における「科学世界説明」に該当する役割を神話は本来は担っていた。現在においてはその神聖なる地位は「科学」に取って代わられ、神話はその役割を失っている。現在では、近代文明以前の純朴質素な霊性への懐古趣味から、要請・嗜好されることになり、荒唐無稽さや非論理性がそれゆえに神話の味わい・好ましさとされる。しかしこれは現代人が神話を御都合主義的な玩具にしているのであって、本来の神話の扱われ方ではない。したがって神話を現代風に翻訳した言葉は、科学的な(もしくは疑似科学的な・神秘学的な)世界説明にならなければ不正確である。

その他の諸説

世界の各神話

しかしながら、数万年の風雪によって訛伝・摩滅・変容した世界各地の神話群は、必ずしも太古のそのままでない。どの部分が太古に由来し、どの部分が民族文化(後世に発生した固有性)による歴史的変容なのかを知るために、比較神話学の手法は有効である。
また、一般に神話とされる物語群の中には、明らかに太古に由来しえない後世の説話が多く含まれる。これは古代人や中世人の保管(伝承)のいい加減さに由来する場合もないではないが、むしろ、もっぱら現代の歴史学の旧説の強固な歴史像(先入観)や、文化人類学との量質両面の相互理解の不手際に由来する学者のカンの鈍さによって、仕分け区分けが機能していないことによる。

伝播説か元型説かの議論

(未完、書きかけ中)比較神話学的な理解。同時発生説と伝播説。

具体例

(書きかけ中。なるべくリンク飛ばし)

  • 古代オリエント
シュメール=バビロニア神話、ヒッタイト神話
  • ケルト=ゲルマン
  • 中南米
  • ギリシア
ギリシア神話オルフェウスデメテル*アポロン
  • エジプト
オシリスイシスホルス
  • インド=イラン
ヤマアスラデーヴァ
  • 中国及び中国少数民族
盤古伏儀神農黄帝
  • 日本
記紀神話」の項をみよ


sl
דומיין בעברית  דומיין  דומין  תוכנה לניהול  קשרי לקוחות  CRM, ניהול קשרי לקוחות  דומין בעברית  פורומים  ספרדית  גיבוי