歴史教科書プロジェクト

出典: Uyopedia

歴史教科書プロジェクト

目次

構想

1)戦中の、もっとも右傾化したものを底本とする
2)いかなる低年齢層に向けたものであろうと教科書である限り文語体を墨守する
3)日本史世界史をわけない。
4)現時点から過去100年間(もしくは幕末以後?もしくは過去3世代間?)は「現代政治」の範疇であり、いまだ十分に歴史化してないので、無視して扱わない。

  • [諸論議1]近現代=幕末以後、で良いと思う。近現代史は議論的調査の対象でいかが? 正教科書を補完する参考書?
←参考書ではなくて歴史以外の教科書で。「現代政治」または「政治経済」または「政治学」または「政治・倫理」または「政治・社会」など、タイトルは未考だが、なんらかの別の科目の正教科書で扱うのがよいと思う)
←参考書と言う用語が紛らわしかったので、撤回。今の所、神話教科書(宇宙観とその直観的受容即表現(思考と感性の詩的性格)、歴史教科書(運命と自由の発現と連関)、政治教科書(行動決断と思考闘争)の四種を想定(考古教科書も?)。そこから技術論へと、枝分かれ(一元枠組の中での理系へとの繋がり)。
←流れ=広義の宇宙史から狭義の神話史。同時に、根源人種から日本人種へ、建国と歴史。幕末/明治維新から政治倫理基礎期。終戦/進駐軍撤退から政治倫理現期。そして展望/発想としての新代?

5)原始時代の扱いは、、、、

  • [諸論議2]考古学的調査の対象でいかが? 正教科書を補完する参考書?
←所謂「原始時代」とこの教科書でいう「原始」とは、かなりニュアンスの異なるものを目指したい。詳細は「原始時代」及び「原始:教科書プロジェクト」を参照
←種族としての原始?文明としての原始?いわゆる前国家期として準備的な原始?それとも、普遍的な出発点や共通感覚としての原始?

6)文系史(狭義の歴史)と理系史(自然史。天文宇宙史〜地球史〜生物進化史〜)との接点=統一性を最低限度示す。すなわち本来の意味での神話そのもの。これは狭義の所謂「歴史」からは逸脱するので、本文とは別立てにすべきかとも思うが、周辺の学問域が存在しない現状では必要性は理解できる。

←宇宙史/自然史/本来的神話原始との接点は、本文と別立てした序説一文に記すのだ妥当では?(インパクトの問題や、その次の文章との繋がりの問題がある。)

基礎論リンク(仮)

  • 史論/史観:歴史とは何か?=>時代論、時代区分
  • 間論/空論:時間とは何か?空間とは何か?=>特に時間論=>個体論
  • 物論/事論:物質とは何か?活動とは何か?=>単位論
  • 継承/系統論:何が基準か?=>王朝論、政権論、種論

目次案

時代区分

用語や表現は仮定的便宜的なもので正式ならず。(古代、中代、現代。「〜代」で当面統一。)

原始原始時代

古代太古上古中古近古

中代(広義の中世)上世中世(狭義の中世)近世

近代(現代前期)・現代現在新代

(原始と終末の極みは、想定されたもの。)
新旧:原始、旧代1、2、、、n、現代、新代、終末。(時代間に移行期)
前後:原始、前代/先代1、、、n、現代、後代/次代。(時代間に移行期)

その他

歴史歴史観歴史文化歴史学神話時代伝説時代

本文案

単一の項目に押し込むのは無理なので諸ページに細分化する

原始(=太古の別説明)

古代

太古(上限なし)-BC1万3134まで
上古BC1万3133からBC3134まで1万年間
中古BC3133-134(3000年間)
近古BC133-AD867(1000年間)

中代

上世AD868-1167(摂関時代王朝時代院政時代、各100年)
中世AD1168-1567(源平時代南北朝時代室町時代戦国時代、各100年)
近世AD1568-1867(安土桃山時代元禄時代化政時代、各100年)

近代

近代AD1868-1967
現代AD1968-2007
現在AD2008-2017?
新代AD2068?-?


sl
דומיין בעברית  דומיין  דומין  תוכנה לניהול  קשרי לקוחות  CRM, ניהול קשרי לקוחות  דומין בעברית  פורומים  ספרדית  גיבוי